© やん胃腸科外科医院, All right reserved.

医師紹介
院長 楊 秀康 Hideyasu Yan

 

長年、高度医療の場において、胃腸科・癌専門手術医として活躍してきました。その経験を活かし、地域の皆様の病気の不安を受け止めるホームドクターになりたいと、1993年に開業致しました。

 

病気になると、人は皆、不安になりますし、恐れたり、悲しくなったり、つらい思いをします。病気の事や、治療の事を、身近なお医者さんに相談にのってもらいたい。十分に症状を聞いてもらいたい、今後どうしたらいいか、教えて欲しい、・・等、心の中には色んなことが思い浮かびます。安心してかかれるかかりつけ医として、今後もさらに地域に貢献したいと思っています。

●資格 

日本外科学会認定医、日本消化器外科学会認定医 

 

●経歴 

昭和51年 熊本大学医学部卒業 
熊本大学附属病院 第一外科勤務 
済生会熊本病院 勤務
 
医療法人社団 岡山会 九州記念病院 勤務 
熊本大学附属病院 第一外科勤務 
社会保険 下関厚生病院 勤務 
医療法人 信岡会 菊池中央病院 形成外科部長

平成5年1月 現在地にて開院・現在に至る

鶴野 淑恵 Yoshie Tsuruno

 

●資格 

日本内科学会 認定内科医、日本糖尿病学会  専門医

 

●経歴 

鹿児島大学医学部卒業

国立病院機構熊本医療センター初期研修医

熊本大学医学部附属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科

熊本市民病院 代謝内科

水俣市立総合医療センター 代謝内科 副医長

​当院の基本理念

 

1. 全人格的医療

私たちは、人間は身体・心・霊によって出来ていると考えています。

それぞれは互いに深く影響し合っていますので、全人格的医療を心がけています。

2. 自分をいたわる生き方

病気や痛みは、人間の考え方、生き方にも警告を与えます。

痛みを取り除くとともに、生活や考え方を知り、自分をいたわる生き方を、勧め励まします。

3. アットホームな看護

看護スタッフのスピリットは、「自分の家族だったらこうして欲しい看護をすること」です。